シェアハウスの入居者に、シェアハウスを選んだ理由を聞いてみると、最も多い答えが、家賃が安いというものです。シェアハウスを利用するのはほとんどが20代から30代の社会人です。男女比率で言うと、女性のほうが多くなります。シェアハウスは、敷金や礼金が要らない場合が多く、若い世代の女性にとってはとても利用しやすいものと言えるのです。

1つの物件を複数の入居者でシェアするわけですから、当然、家賃は安くなります。さらに、アパートやマンションで一人暮らしをする場合、引っ越し代を含め初期費用がかなりかかりますが、シェアハウスは家具付きの部屋もありますし、冷蔵庫やガスコンロ、照明器具などは完備されています。そのため、初期費用はかなり抑えられ、維持費である家賃も安く、収入の低い世代にとっては魅力の物件なのです。

アパートやマンションでは、キッチンやトイレ、お風呂などがやや狭く作られていますが、シェアハウスは戸建が多いので、こういったスペースも広めです。このように、個室以外の場所でも、ゆっくりとくつろぐことができ、しかも家賃が安いシェアハウス。初めて一人暮らしをする場合は特におすすめと言えます。経済的にも、メンタル的にも魅力満載の物件。それがシェアハウスなのです。

Comments are closed.